logo

次期「iPhone」、2機種がトリプルカメラ搭載か

Justin Jaffe (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月24日 07時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 11」のうわさがますます具体化する中、既に予想されている内容の多くを裏付け、さらに情報を加える、新たな報道が浮上した。Appleは2019年秋、3種類の新型モデルをリリースするという。iPhone 11シリーズと表向きは呼ばれているこれらのモデルには、現行世代よりも高性能なプロセッサーとカメラが搭載されるが、ディスプレイ技術は現行世代とほぼ同じになる見込みだと、9to5Macが米国時間7月23日に報じた。Appleが2019年に3種類の新型「iPhone」を予定していることは、The Wall Street Journal(WSJ)が報じていた。

iPhone XS、XS Max、XR
iPhone XS、XS Max、XR
提供:Angela Lang/CNET

 9to5Macは「同端末を見たことがある複数の情報筋」の話として、新型iPhoneには、「A13」チップと呼ばれる見込みの、同社が独自に開発するモバイルプロセッサーの次世代版が搭載される予定だと報じている。記事によると、「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の後継機種には、それぞれRetina有機ELディスプレイが搭載され、「iPhone XR」の後継機種には、現行世代と同様に、それよりも低解像度のRetina液晶ディスプレイが搭載されるという。

 この記事では、次期モデルに新しい「Taptic Engine」(開発コード名:「leap haptics」)が搭載されるという情報も報じている。これは、ディスプレイに感圧機能を追加する「3D Touch」技術を同社が廃止する計画だというこれまでのうわさを支持するものとも考えられる。Appleは、2018年のiPhone XRで、そのベゼルがほぼない液晶ディスプレイに対応するために「Haptic Touch」技術を初めて搭載していた。

 Bloombergは1月、2019年のiPhoneのうち少なくとも1つのモデルには背面に3つのカメラが搭載されると報じていた。今回の9to5Macの記事によると、iPhone XSとXS Maxの後継機種には3つの背面カメラが搭載され、これには広角レンズと、撮影後に構図を編集してトリミングできる新機能「Smart Frame」が含まれるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]