logo

グーグル、海底ケーブル「Equiano」の敷設を発表--欧州と南アフリカを結ぶ

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年07月01日 10時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間6月28日、3本目となる民間の国際海底ケーブルの敷設を発表した。「Equiano」という名称で、ポルトガルを起点に、アフリカ西海岸に沿って南アフリカまで続く。

Equianoのルート
提供:ZDNet.com

 Googleによると、ケーブルの供用開始後は、この地域にサービスを提供するためにこれまで敷設された最新のケーブルと比べて、約20倍のネットワーク伝送容量を実現できるはずだという。今回のケーブルは空間分割多重化(Space Division Multiplexing:SDM)技術を基盤にしており、追加のファイバーペアと消費電力を最適化したリピーター設計により、コスト効率の高い方法でケーブル伝送容量を増やせる。また、Googleによると、Equianoは光スイッチングをファイバーペアレベルで組み込む初めての海底ケーブルとなり、さまざまな場所で容量の追加や再配分をしやすいという。

 GoogleはAlcatel Submarine Networksと共同でケーブルを敷設する計画で、ポルトガルから南アフリカをつなぐこのプロジェクトの第1段階は2021年に完了する予定だ。その後、Googleは支線を追加して、他のアフリカ諸国にも接続を広げる。最初の支線はナイジェリアに接続される予定だ。

 ケーブルの名称は、1780年代に反奴隷貿易運動を主導した1人であるナイジェリア出身の作家Olaudah Equiano氏にちなんで名付けられた。

 Googleが出資する他の2本の民間海底ケーブルの名称も、歴史上の偉人にちなんでいる。「Curie」(キュリー)はチリとロサンゼルスを結び、「Dunant」(デュナン)は米国とフランスの大西洋岸を結ぶ。

 Googleが世界中で出資を発表している海底ケーブルの数は、これで14本になった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]