logo

「Googleマップ」や検索のビジネスプロフィールに複数の新機能

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月24日 10時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間6月20日、「Googleマップ」や「Google検索」上のビジネスプロフィールを改善する新機能を発表した。ビジネスプロフィールとは、レストランの評価や人気の料理の写真、営業時間やレストランの電話番号など一般的な情報を表示するページのことだ。

Googleマップのロゴ
提供:Getty

 これにより、ビジネスオーナーはプロフィールの上部に表示されるカバー写真を容易に設定できるようになる。さらに、新しい略称とURLを作成することも可能になる。顧客は略称とURLを使って、ビジネスプロフィールを他者と共有できる。ビジネスオーナーは限定的な特典を提供することで、Googleでフォローしてくれている人々に報いることもできる。顧客への対応が優れており、プロフィールを最新の状態に保っている企業は、バッジを獲得し、「Local Favorite」(地元のお気に入り)の勲章を得ることができる。

 Googleは店舗オーナーがウィンドウなどに貼るステッカーを容易にダウンロードしたりできるウェブサイトも公開した。例えば、Googleでのレビューやフォローを促すステッカーがある。

Googleのビジネスプロフィールをカスタマイズする様子
提供:Google

 「最初に世界の地図の作成に着手したとき、われわれが最初に注力したのは、ユーザーがA地点からB地点へと移動するのを助けることだった。やがて、人々はさまざまな店舗について、より多くの情報を求めるようになった」と、Googleのエンジニアリング担当バイスプレジデントであるBhavesh Mehta氏は、サンフランシスコで開催された報道陣向けのイベントで語った。

 これらの新機能は、ローカルビジネスを対象とするYelpなど他のサービスに対抗するものだ。Yelpも、評価などの情報を含むビジネスプロフィール機能を提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]