DJIのSTEM教育向け地上走行ロボット「ROBOMASTER S1」の細部を写真で見る - 14/30

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 DJIは主に教育ツールとしてS1を開発したが、ゲームプレイ用でもある。ソロゲームモードではユーザーが操作スキルを磨いたり標的に狙いを定めたりする練習ができる。

 マルチプレイヤーのオプションもあるので、友人や家族とレースをしたり、他のS1に赤外線ビームやゲル弾を発射できるFree-for-All(参加自由)モードで対戦したりすることが可能。

 DJIは主に教育ツールとしてS1を開発したが、ゲームプレイ用でもある。ソロゲームモードではユーザーが操作スキルを磨いたり標的に狙いを定めたりする練習ができる。

 マルチプレイヤーのオプションもあるので、友人や家族とレースをしたり、他のS1に赤外線ビームやゲル弾を発射できるFree-for-All(参加自由)モードで対戦したりすることが可能。

提供:Joshua Goldman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]