logo

アプリ開発「Yappli」が30億円の大型調達--300社導入、売上高は前年比2倍

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アプリ開発プラットフォームを運営するヤプリは6月17日、最大で約30億円の資金調達が決定したと発表した。内訳は、第三者割当増資が約22億円(追加投資枠含む)、融資が約8億5000万円となる。

 今回の資金調達は、Eight Roads Ventures Japanをリード投資家とし、SMBCベンチャーキャピタルと既存株主であるグロービス・キャピタル・パートナーズ、YJキャピタルを引受先とした第三者割当増資と、みずほ銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫からのデットファイナンスを合わせたもの。同社の累計調達総額は約40億円になる。

アプリ開発プラットフォーム「Yappli」
アプリ開発プラットフォーム「Yappli」

 同社は、クラウド型のアプリ開発プラットフォーム「Yappli」を運営している。2013年のサービス開始以降、プログラミング不要でスマートフォンアプリの開発・運用を可能にする技術を提供し、これまで300社以上の企業が導入しているという。

 また、Yappliで開発されたアプリの累計ダウンロード数は3500万(5月実績)を突破。SaaSの重要指標である解約率も1%以下を維持し、売上高は前年比約2倍で成長しているとのこと。

 今回調達した資金は、主にプラットフォームの拡大に必要なプロダクト開発と人材の採用、マーケティング活動への投資に活用する。実績が豊富な店舗・Eコマースのマーケティング支援領域では、機能開発と並行した広告活動への投資で顧客基盤のさらなる拡大に注力するという。

 さらに、働き方改革を追い風としたデジタルトランスフォーメーションの潮流に乗り、社内での利用やBtoBでの生産性向上を目的としたビジネス支援のアプリ活用が進んでいると説明。同領域においては、多岐にわたるニーズに合わせた機能開発を中心に、新たなソリューションの確立を目指すという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]