logo

アマゾンの出前サービス「Amazon Restaurants」、米国でも終了へ

Jennifer Bisset (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月12日 08時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonのフードデリバリーサービス「Amazon Restaurants」が米国でまもなく終了する。

Amazon Restaurantsのウェブサイト
Amazon Restaurantsのウェブサイト
提供:Screenshot by CNET via Amazon Restaurants

 GeekWireによると、ロンドンでのサービス終了に続き、米国でも6月中にサービスを終了する予定だという。

 同サービスは2015年にシアトルで開始した後、この4年間で米国の20以上の都市とロンドンに拡大していた。Amazonの「Prime」会員に対して、「Uber Eats」や「Deliveroo」などのフードデリバリーアプリと同様のサービスを提供するもので、「Prime Now」や「Amazon Restaurants」のウェブサイトを通じて家庭に料理を届けていた。

 同サービスは2018年11月にロンドンで終了しており、AmazonはGeekWireに対して、米国でのサービスを6月24日に終了することを認めた。

 「6月24日に米国でのAmazon Restaurants事業を終了する」と、Amazonの広報担当者はGeekWireに対する声明で述べた。

 「Daily Dish」というサービスを聞いたことがあるだろうか。職場にランチを届けることに特化したAmazonのフードデリバリーサービスだが、こちらも6月14日に終了する予定だ。

 これらのサービスは終了するものの、Amazonは、フードデリバリー業界から完全に撤退したわけではない。Prime Nowを通じたWhole Foodsからの食料品デリバリーサービスを続行するほか、英フードデリバリー企業Deliverooに出資し、Uber Eatsや「Grubhub」に対抗している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]