logo

ソフトバンク、STEM教育スクール事業に参入--フランチャイズで全国展開へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクのグループ会社であるSB C&Sは6月5日、幼児から小学生を対象としたSTEM教育スクール「STELABO(ステラボ)」事業を開始すると発表した。STEM教育とは、科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・数学(Mathematics)を総合的に学ぶ教育のことを指す。

STEM教育スクール「STELABO(ステラボ)」
STEM教育スクール「STELABO(ステラボ)」

 同事業を皮切りに、直営校であるSTEM教育スクール「STELABO汐留校」を6月12日に開校。今後は、パートナー企業を募り、フランチャイズ展開することでSTEM教育スクールを全国展開していく計画だという。

 STELABOは、「STEM教育を通じて夢を叶える人を育む」ことを教育理念とし、2020年から小学校で必修化されるプログラミング教育への対策だけでなく、AIやIoTの分野など未来に向けて、子どもたちに必要とされる能力を育むことを目指す。また、「理数とICTの基礎力」「創造し表現する力」「自ら深く考える力」「協力して学び合う力」の4つの能力を育むことを目的とし、従来の暗記型学習ではなく「つくることで学ぶ」という新しい学習法を採用するという。

 授業では、まず道具や機械の原理や仕組みなどの知識を学ぶ。次に、ブロックを使って道具や機械を作り、タブレット端末でロボットをプログラミングし、試行錯誤しながら制作したものが思い通りに動くかを確かめる。このサイクルを繰り返すことで、これからの社会で必要とされる4つの能力を育むという。

キャプション

 カリキュラムと指導ノウハウは、STEM教育の第一人者である石原正雄氏が監修し、ヴィリングが運営するSTEM教育スクール「STEMON(ステモン)」のメソッドを採用。また、世界で使用されているSTEM教材やロボットの中から、長年IT関連製品やプログラミング教材の流通に携わってきた同社が厳選した先進の教材を使用する。

 同社ではさらに、ソフトバンクグループならではの通信・IoT・情報セキュリティなど、カリキュラムの充実を図っていく予定だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]