logo

さくらインターネットら4社、子供向け電子工作・プログラミング教室の非営利団体設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さくらインターネット、ビットスター、ナチュラルスタイル、jig.jpの4社は6月15日、子供向けの電子工作とプログラミング教室を主催・運営する非営利団体「KidsVenture」を設立したと発表した。

 子供用プログラミング専用PC「IchigoJam」の組み立てから、プログラミング言語「BASIC」を使ったオリジナルゲームの作成、IchigoJamを使ったダンボール製の組み立て式ロボット「paprika」を制御する電子工作・プログラミング教室を開催する。

  • 「IchigoJam」

  • 「paprika」

 現時点では小学生が対象だが、中学生や高校生まで対象を広げ、次世代のIT人材の創出を目指す。今後は、開催地の拡大や、協賛企業から教材提供を募りプログラム内容の充実を図るとしている。

  • はんだ付けのようす

  • 過去に開催したプログラミング教室

 KidsVentureは、4社の有志メンバーが中心となって電子工作・プログラミング教室を2015年より開催している。2016年6月には、開催地の拡大と協賛企業による教材の充実など、本格展開を進めるために非営利団体として立ち上げた。

 代表は、さくらインターネットの高橋隆行氏。副代表にビットスターの若狭敏樹氏とナチュラルスタイルの安中剛氏が就任する。

-PR-企画特集