logo

サイバーエージェント、“短尺動画”に特化した広告会社「6秒企画」を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは6月4日、短尺に特化したオンライン動画広告の企画・制作子会社「6秒企画」を6月3日に設立したと発表した。資本金は、5000万円 (資本準備金を含む)。代表取締役社長には二宮功太氏が就く。

キャプション

 同社では、オンライン動画におけるユーザーの視聴態度や、動画の配信先デバイス・メディアの特性を踏まえた動画広告クリエイティブの企画・制作の重要性が高まっており、そのフォーマットも多様化していると説明。中でもYouTubeが提供する6秒動画の広告フォーマット「バンパー広告」を筆頭に、簡潔で印象的な表現によって、広告主企業のブランドリフト効果を目的とする短尺動画の活用が注目されているという。

 そこで同社では、短尺のオンライン動画広告の企画・制作に特化した新会社として、6秒企画を設立。ディレクション・撮影・デザイン・編集まで一貫して対応可能な体制を構築し、最も高い広告効果を生み出す動画制作を目指すという。

 短尺のオンライン動画広告のクリエイティブは、15秒や30秒尺のテレビCMのフォーマットとは異なり、簡潔かつ印象的なメッセージと、インパクトのある表現を6秒の中でいかに伝えることができるかが重要となる。しかし、現在は15秒や30秒尺で制作された動画を切り取って短尺動画が制作されるケースが多いと同社では指摘。新会社では、 広告効果の最大化を図る6秒動画広告の表現を追求するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]