logo

サムスンとAMD、モバイル向けGPUの開発で提携

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年06月04日 11時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンとAMDが、AMDのGPU技術「Radeon」を利用して、モバイルグラフィックスシステムを共同開発することになった。

提供:CNET
提供:CNET

 両社はこの複数年にわたる提携を通じて、「高度なグラフィックス技術とソリューション」を開発するという。AMDが米国時間6月3日に明らかにした

 このグラフィックスシステムは、スマートフォンなどのモバイルデバイスが対象で、高性能と超低消費電力を実現する。

 Radeonグラフィックスシステムは、すでにさまざまなPC、ゲーム機、クラウド、高性能コンピューティングに利用されていると、AMDの最高経営責任者(CEO)Lisa Su氏は述べている。

 一方、サムスンのシステムLSI担当責任者であるInyup Kang氏は、「AMDとの提携により、将来のモバイル利用に適した画期的なグラフィックス製品とソリューションを市場に投入できるようになる」と語った。また、「AMDと協力しながらモバイルグラフィックス技術のイノベーションを促進する」ことが、「未来のモバイルコンピューティングを次のレベルに引き上げる」とも述べている。

 今回の提携では、サムスンがAMDに対し、Radeon技術のライセンス料と使用料を支払うことになる。AMDは、Radeon DNA(RDNA)アーキテクチャーをベースとした独自のグラフィックスに関する知的財産をサムスンにライセンス供与する予定だ。

 サムスンはまた、将来リリースするすべてのモバイル向けシステムオンチップ(SoC)製品にRadeonのグラフィックスシステムを搭載するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]