logo

Uber"最初の従業員"ライアン・グレーブズ氏が取締役退任

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年05月27日 08時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberの取締役の1人であるRyan Graves氏が退任する。上場から2週間というタイミングで明らかになった。

Ryan Graves氏 Ryan Graves氏
提供:James Martin/CNET

 Graves氏は、Uberがシリコンバレーで創業後、従業員がわずか数人だった時期の最初の従業員だ。同氏はUberですぐに出世の階段を上り、2010年には同社初の最高経営責任者(CEO)を務めた。Graves氏は、配車サービス企業である同社を今日の巨大企業に築き上げる中で、重大な役割を担ったと考えられている。

 現在Graves氏はUberの日常業務に携わっていないが、取締役として在籍していた。米国時間5月24日、米証券取引委員会(SEC)に提出された書類で、同氏の退任が明らかになった。

 Uberの独立取締役会長であるRon Sugar氏は、提出書類の中で、「Ryanは思慮深く熱心な取締役として、Uberの価値を高め、その洞察と判断によって、当社がこの10年間で成長する中で、浮き沈みする事業の舵取りを支えてくれた」とし、「ほろ苦い時ではあるが、退任するべき時期だという彼の個人的な決断を受け入れる」と述べた。

 米CNETはUberにコメントを求めたが、回答は得られていない。

 Graves氏は、2010年にCEO職を共同創業者のTravis Kalanick氏に引き継いだ。グローバルオペレーション担当シニアバイスプレジデントとなり、Uberの食事宅配サービス「Uber Eats」などの取り組みに力を注いだ。2017年8月に同職を退いたが、取締役に留任していた。

 Graves氏は当時の電子メールで、「Uberを築き上げてきたこの7.5年間で、さまざまなことを学んだが、その1つは、不確かさと変化を受け入れる人が、最も現実を把握しているということだ」と述べていた。

 Uberは当時、苦境に立たされていた。数々のスキャンダルに見舞われ、数カ月で幹部の辞任が相次いだ。Kalanick氏もCEOを辞任した。CEOの後任探しが続く中、Graves氏もシニアバイスプレジデントを退任した。その翌月に、現CEOのDara Khosrowshahi氏の就任が決まった

 一連のスキャンダルは収束したが、Uberは株式公開企業となり、新たに不確実性のある時期を迎えている。Uberは2週間前に上場し、公開企業として波乱のスタートを切った。

 Graves氏は、投資会社Saltwater Capitalの創業者であり、CEOとなっている。Uberの取締役は5月27日付けで退任する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]