logo

マイクロソフトとソニーが提携--AIやクラウドベースのゲームで連携、Azure活用へ

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年05月17日 07時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーとMicrosoftは米国時間5月16日、エンターテインメントプラットフォームや人工知能(AI)ソリューションで顧客体験を向上させる新たなイノベーションに関して提携することを発表した。Microsoftの「Azure」でクラウドソリューションの共同開発を模索し、それぞれのゲームおよびコンテンツ配信サービスをサポートするとしている。

ソニーの吉田憲一郎社長とMicrosoftのSatya Nadella CEO
ソニーの吉田憲一郎社長(左)とMicrosoftのSatya Nadella CEO
提供:Microsoft

 発表では、Microsoftの「Xbox」やソニーの「PlayStation」のゲーム機について具体的に触れられていないが、このパートナーシップではゲームを含むエンターテインメントプラットフォームなどにフォーカスしていくようだ。またこの取り組みには、コンテンツクリエイターのコミュニティー向けにより優れた開発プラットフォームを構築することも含まれる。さらに両社は、ソニーのゲームとコンテンツストリーミングサービス向けに、Azureのデータセンターベースのソリューションを利用していくことも検討するとしている。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)を務めるSatya Nadella氏は声明で、「ソニーは、エンターテインメントとテクノロジーの両方で常に主導的地位にあり、16日に発表したわれわれの連携は、そのイノベーションの歴史を基盤とするものだ」と述べた。「われわれの提携により、AzureとAzure AIの能力がソニーにもたらされ、新たなゲームとエンターテインメントのエクスペリエンスが顧客に提供されることになる」(Nadella氏)

 両社は、半導体や人工知能(AI)の分野でのコラボレーションについても模索していくという。

 ソニーMicrosoftは4月、新しいゲーム機の詳細をそれぞれ発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]