logo

ディズニー、凸凹な壁をスプレーで塗装する自律飛行ドローン--特許を出願

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Walt Disneyの研究機関Disney Researchは、自律飛行しつつ凹凸のある立体物にスプレーで塗装するドローン「PaintCopter」を開発した。この技術が特許出願されていたので紹介しよう。

 それは、Walt Disneyの関連会社であるDisney Enterprisesが米国特許商標庁(USPTO)へ出願したもの。米国時間5月2日に「DRONE-BASED PAINTING SYSTEM」(公開特許番号「US 2019/0127064 A1」)として公開された。出願日は2017年10月31日。

公開されたDisney Enterprisesの特許(出典:USPTO)
公開されたDisney Enterprisesの特許(出典:USPTO)

 この特許は、何らかの壁面に塗料を塗る作業をクアッドコプターのようなドローンを使って実行する技術を説明している。ドローンにスプレーノズルを取り付け、壁に沿わせて飛ばしながら塗料を吹き付けることで塗装する。

スプレーノズルを取り付けたドローン(出典:USPTO)
スプレーノズルを取り付けたドローン(出典:USPTO)

 さらに、ドローンの記憶装置に壁面の3Dモデル情報を保存し、その情報を参考にドローンを制御することで、壁と一定の距離を保ちながら飛行することや、ノズルの向きを変えて塗り残しなく塗装することを可能にする。

キャプション
壁に沿って飛行しながら塗料を吹き付ける(出典:USPTO)

 ドローンには給電用のケーブルを接続したり、塗料用のホースを接続したりもできる。外部から電力や塗料を供給できれば、飛行時間を延ばし、広い面積の塗装を一度の飛行で済ませられる。

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]