logo

凸凹な対象物にスプレー塗装するドローン「PaintCopter」--ディズニー研究機関

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Walt Disneyの研究機関Disney Researchは、自律飛行しつつ凹凸のある立体物にスプレーで塗装するドローン「PaintCopter」を開発した。

凸凹な対象物にスプレーで塗装するドローン(出典:Disney Research)
凸凹な対象物にスプレーで塗装するドローン(出典:Disney Research)

 壁など平らな2次元(2D)の面をスプレー塗装する作業は、比較的単純な処理なので自動化しやすい。これに対し、凸凹している対象物に塗装を施すことは、スプレーの位置などを3次元(3D)制御する必要があり、難易度が高い。

 Disney Researchは、3D対象物へのスプレーペイントを自動実行させるため、塗料吹き付け用のスプレーガンをクアッドコプター型ドローンに搭載した。スプレーの向きは、パン(左右方向)とチルト(上下方向)が可能。そして、対象物をスキャンして3Dモデルを生成し、塗装パターンと組み合わせてシステムがドローンの飛行を制御し、自動的にスプレーで塗れるようにしている。

クアッドコプターにスプレーガンなどを搭載(出典:Disney Research)
クアッドコプターにスプレーガンなどを搭載(出典:Disney Research)
スプレーの向きはパンとチルトが可能(出典:Disney Research)
スプレーの向きはパンとチルトが可能(出典:Disney Research)

 産業分野での塗装作業に利用することを想定。ある程度長い時間連続して使用する必要があるので、ドローンは外部から電力と塗料を供給するケーブルおよびホースを繋いだ状態で飛行させる。

PaintCopterの紹介ビデオ(出典:Disney Research/YouTube)


-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]