logo

電通、音声媒体に特化した広告配信サービス「Premium Audio広告」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通、電通デジタル、CARTA HOLDINGSの電通グループ3社は5月8日、インターネット広告の新たな取り組みとして、音声コンテンツを提供するプレミアムな媒体のみを対象にした音声広告配信サービス「Premium Audio広告」の提供を開始したと発表した。

 最初の広告配信先は、ラジオ番組コンテンツを放送する日本最大手のサービス「radiko」と、世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify」の2つだという。

 同サービスの配信には、CARTA HDのグループ会社であるVOYAGE GROUPが音声広告に対応できるように拡張開発した広告配信プラットフォームを活用。運用にあたっては、人基点のマーケティングでROIを最大化する「People Driven DMP」を利用している。

 これまでも同社グループでは、「Premium Viewインストリーム動画広告」などにより、視覚面で業界をリードしてきたと説明。新たに提供するPremium Audio広告によって、聴覚面にもその領域を広げることが狙いだという。

 また、同サービスは、適切な権利処理が行われた音声コンテンツを保有する媒体のみに限定して音声広告を配信するため、広告主のブランドを毀損しない「ブランドセーフティ」な環境で広告を届けられるとしている。

 さらに、各サービスにログインしたユーザーに向けて広告を配信するため、“機械(≒bot)”によって不正にインプレッションやクリックが消化されてしまう「アドフラウド(広告詐欺)」のリスクを限りなく減らすことができるという特徴もあるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]