logo

アート作品の“インフラ”をブロックチェーンで構築--スタートバーンが3.1億円を調達

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スタートバーンは3月19日、UTEC(東京大学エッジキャピタル/東京大学エッジキャピタルパートナーズ)、SXキャピタル、電通、片山龍太郎氏を引受先とした第三者割当増資で、3.1億円の資金調達を実施したと発表した。

キャプション

 同社は、世界中のアートサービスと接続し、作品の来歴や流通マネジメントを実現するアートブロックチェーンネットワークを構築。ブロックチェーンの非改ざん性・相互運用性を活用した証明書により、売買履歴だけでなく、美術館での展示、貸し出し、鑑定といった、作品の評価と信頼性に関わる履歴を記録できる。​さらに、スマートコントラクトを使ったリージョンコントロール、著作権管理を含めた流通管理やアーティストへの還元金なども設定できる。

キャプション

 アート市場は、約7.6兆円の巨大市場であり、大手ギャラリーやオークションハウスを中心にマーケットが形成されている。作品の価値を担保する証明書や来歴管理がマーケットでは重要となるが、現在も紙やアナログによるやり取りが主流のため、実際の売買などで機会損失が発生していると同社では指摘している。

 2018年9月にはテストネットを公開しており、すでに証明書の発行・権利の移転が可能。現在は、ネットワークに接続する自社サービス「startbahn.org」への証明書発行機能の実装などを進めている。

キャプション

 今回調達した資金は、ブロックチェーンネットワーク・接続ASP開発の加速、事業提携・共同事業を含めた国内外のビジネス展開、知財戦略および、採用強化などに活用するという。また、経営体制の強化として、元AnyPay CEOの大野紗和子氏が取締役COOとして、元クリスティーズジャパン代表の片山龍太郎氏が社外取締役として3月1日付けで就任している。

 今後、幅広いアート関連サービスとの連携を進めるほか、従来のアート流通における活用に加えて、デジタルコンテンツの流通や販売管理、美術品のレンタルビジネス、高級ブランドの二次流通管理、美術品の分散所有等、広い領域の事業との連携を見据えているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]