logo

アップルのリサイクルロボ「Daisy」が「iPhone」を分解--その作業過程を見る

James Martin Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年05月06日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Daisyは、整備するにはコストがかかりすぎ、寿命わずかと見なされたiPhoneを分解する。3~4人が配置されている。
Scroll Right Scroll Left

 Daisyは、整備するにはコストがかかりすぎ、寿命わずかと見なされたiPhoneを分解する。3~4人が配置されている。

提供:James Martin/CNET

 「Daisy」は多くの事ができる。この33フィート(約10m)のロボットは、5つのアームで「iPhone」を分解する。Appleが製造したDaisyは、サーボモーターや加圧式スクリューポンチなどの可動部品の大きな音を出しながら作業する。電子機器リサイクルの未来への鍵を握っている可能性がある。

 2018年に発表されたこのロボットは、米テキサス州オースティンに新設されたMaterial Recovery Lab(素材再生研究所)の中心にある。

 「これは、当社の全製品をリサイクル素材から製造するという大きく困難な目標のための試みだ」「時間はかかるだろうが、多くのイノベーションをもたらす」と、Appleで環境、政策、社会イニシアティブ担当バイスプレジデントを務めるLisa Jackson氏はインタビューで述べた。

 米CNETは研究所でDaisyの作業を見せてもらい、その様子をこのフォトレポートにまとめた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]