logo

Facebook、Instagram、WhatsAppが一部で一時ダウン--復旧済み

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年04月15日 08時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間4月14日午前に、「Facebook」「Instagram」「WhatsApp」のサービスが世界中で一時的にダウンしていたようだ。

Facebook
提供:Thierry Chesnot / Getty Images

 障害は、米国太平洋時間午前3時30分頃発生し、FacebookとInstagramにアクセスできなくなった。また、WhatsAppではメッセージを送受信できなくなった。各種ネットワークのサービスは約2時間後に復旧した。

 Facebookの広報担当者は、「14日に、一部のユーザーがアプリに接続できなかった可能性がある。問題は解決済みだ。不便をかけたことをお詫びする」と述べた。

 Facebookは1月、WhatsApp、Messenger、Instagramのサービスを統合し、ユ−ザーがアプリを切り替えることなく互いにメッセージを送信できるようにしようとしていると報じられていた。各アプリはこれまでどおり個別に提供されるが、単一のメッセージングプラットフォームまたはプロトコルの下に統合されるとされていた。

 3月にもFacebookで障害が発生し、1日中サービスを利用できない状態が続いた。Facebookは世界中に20億人のユーザーを擁する。Facebookで最大規模とされたこのシステム障害は、「サーバーの設定変更」が原因だったと報告されていた。

 Facebookでは2018年11月にも、一部のユーザーがアクセスできなくなる障害が発生している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]