2040年に月で食べられるかもしれない「月面ディナー」--テクノロジで“月産月消” - 17/21

坂本純子 (編集部)2019年03月29日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「和の伝統 天甜酒と苺の大福」は、人工光植物細胞庫(葉物)と遠隔操作アバターロボットを活用することを想定。

 「和の伝統 天甜酒と苺の大福」は、人工光植物細胞庫(葉物)と遠隔操作アバターロボットを活用することを想定。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]