logo

アップル、偽ニュースに対処する3つのメディアリテラシープログラムを支援へ

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月20日 10時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間3月19日、偽ニュースに対処する取り組みの一環として、メディアリテラシープログラムを提供する3つの非営利団体を支援することを明らかにした

Apple
提供:NurPhoto/Getty Images

 Appleは米国のNews Literacy ProjectCommon Sense、イタリアのOsservatorio Permanente Giovani-Editoriを支援する。これらのプログラムの狙いは、デジタル時代の批判的思考スキルを若者に教えることだ。

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は声明の中で、「ニュースリテラシーは自由な報道の維持と民主主義の繁栄に不可欠だ。われわれは、この取り組みの最前線にいる組織と協力できることを誇りに思う。若者が活動的で問題意識のある市民になれるよう支援するNews Literacy ProjectとCommon Sense、Osservatorioの重要な取り組みにわれわれは感銘を受けた」と述べた。

 Appleは米国時間3月25日に開催するイベントで、ニュースサブスクリプションサービスを発表すると予想されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]