logo

クアルコム対アップル、最新の特許訴訟の審理がサンディエゴで開始

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月05日 11時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleとQualcommは米国時間3月4日、Qualcommの本社があるカリフォルニア州サンディエゴで、特許とライセンス契約をめぐる法廷闘争の最新の戦いを開始した。

Qualcommの本社はカリフォルニア州サンディエゴにある
Qualcommの本社はカリフォルニア州サンディエゴにある
提供:Shara Tibken/CNET

 携帯端末業界の多くのメーカーにチップとモデムを供給するQualcommによると、Appleは人気の高い「iPhone」のいくつかのバージョンで、Qualcommの特許3件を侵害したという。Qualcommは損害賠償を求めて提訴したが、その金額はまだ明らかにされていない。

 今回の訴訟の争点は、QualcommがAppleに侵害されたと主張する3件の特許だ。具体的には、電源を入れた後、スマートフォンが瞬時にインターネットに接続することを可能にする特許、グラフィック処理とバッテリ持続時間に関連する特許、そして、アプリプロセッサとモデムの間のトラフィックを整理することで、スマートフォン上のアプリがデータをより簡単にダウンロードすることを可能にする特許だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]