logo

ライナフの不動産サービス導入で内覧予約の受付から鍵の受け渡しまでを無人化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライナフは2月28日、内覧管理クラウドサービス「スマート内覧」と、スマートキーボックス「igloohome smartkeybox2」を連携させたサービスが、三井不動産レジデンシャルリースに導入されたと発表した。

クラウド内覧サービス「スマート内覧」
クラウド内覧サービス「スマート内覧」

 スマート内覧は、不動産管理会社向けのクラウドサービス。空室データを登録することで、ウェブ上に空室一覧と内覧日時の予約カレンダーを表示でき、内覧希望者はウェブ経由で内覧の予約ができる。

 igloohome smartkeybox2は、Bluetoothを搭載し、インターネット接続がない状況でも、ランダム暗証番号での解錠を可能にしたスマートキーボックス。暗証番号を一時的に発行できるため、毎回現場に出向いて手動で暗証番号を変える必要がない。

 三井不動産レジデンシャルリースでは、内覧予約から受付、その他問い合わせ対応などを、専用のコールセンターを設けて行っており、今回、1棟130戸の募集において、内覧予約サービスにスマート内覧を採択し、igloohome smartkeybox2を90台導入した。

 これにより、入居者募集の期間、内覧予約の受付から鍵の受け渡しまでの無人化が可能となり、内覧予約受付の受電などにおいて、大幅な業務削減を実現したという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]