logo

メモアプリ「Google Keep」が「Apple Watch」でも利用可能に

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月20日 10時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが「Apple Watch」に戻ってきた。

 メモ作成アプリ「Google Keep」が「Apple Watch」に対応したことを、Googleは米国時間2月19日にツイートした。2017年にApple Watchで「Googleマップ」のサポートを終了したGoogleが戻ってきたともいえる。

Google Keepの画面
Google KeepがApple Watchに対応した
提供:Google

 Google Keepアプリでは、メモやリスト、写真、音声を追加し、日々のタスクについて常に最新の情報を把握することができる。KeepはAppleの音声アシスタント「Siri」と同じように機能する。例えば、Apple Watchに話しかけて、スーパーマーケットに到着したときに食料品リストを表示するための時間ベースまたは位置情報ベースのリマインダーを設定できる。音声操作を使って、メモを共有したり素早く検索したりすることも可能だ。

 Googleは2017年4月頃、Apple WatchアプリストアからGoogleマップアプリを削除した。AmazonやeBay、米小売大手Targetも同時期に自社のアプリを削除した。Googleは当時、マップアプリのサポートを将来的に再開する可能性もあるとしていた。これらの企業がApple Watchでアプリのサポートを終了した理由は不明だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]