logo

グーグル、「Chromecast Audio」の販売を終了へ

Gordon Gottsegen (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年01月15日 06時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Chromecast Audio」をもう製造していない。Varietyの記事を受け、その報道が事実であることをGoogleが米CNETに対して認めた。Googleの広報担当者は米CNETに対し、次のように述べた。

 「当社の製品ポートフォリオは絶えず進化しており、今はオーディオを楽しむためのさまざまな製品が提供されている。そのため、Chromecast Audio製品の製造を終了した。Chromecast Audioのサポートは続行する予定なので、ユーザーは引き続き、音楽やポッドキャストなどを楽しむことができる」

Chromecast Audio
Chromecast Audio
提供:Sarah Tew/CNET

 Chromecast Audioは、一般的なスピーカに接続して、Wi-Fi接続やオーディオをストリームする機能を追加することのできるドングルだ。外観も機能も標準的な「Google Chromecast」に非常によく似ているが、HDMIではなくAUX端子用コードで接続し、オーディオのみをストリームする点が異なる。

 Chromecast Audioが最初に発表されたのは2015年のことだ。Googleはそれ以降、「Google Home」「Google Home Mini」「Google Home Max」「Google Home Hub」など、さまざまなスマートスピーカを発売している。

 Chromecast Audioは現在、Googleのウェブサイトで4980円で購入可能だ。しかし、製造は終了しているため、在庫がなくなり次第、永遠に姿を消す可能性がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]