logo

パーソルHDとランサーズ、短期間に特化した仕事マッチング「シェアフル」を展開へ

佐藤和也 (編集部)2018年11月13日 17時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パーソルホールディングス(パーソルHD)とランサーズは11月13日、短期間・短時間の仕事に特化したオンデマンドマッチングプラットフォーム「シェアフル」のサービスを発表。合弁で同名の新会社を2019年1月1日付で設立することも、あわせて発表した。

 このサービスは「スキマ時間を価値に変える」をコンセプトに、短期間・短時間の仕事に特化し、柔軟な働き方を望む個人と必要な時に必要な分だけ人材を活用したい企業をつなぐサービス。1日単位の雇用について、ワンストップでのサービスを提供する。

シェアフルの概要
シェアフルの概要

 個人は、スマートフォン向け専用アプリから自分のスキマ時間を登録するだけでその日の仕事が表示。さらに自身の経験やスキル情報を入力することで、仕事紹介の精度をあげることができるという。企業はマイページから即時に求人情報を登録、掲載することができ、人材を採用することが可能。また、就業条件明示、勤怠管理、給与計算などの給与計算アウトソーシングサービスも利用可能としている。

 就業後は、個人と企業がお互いの評価を登録。その評価の蓄積が双方の信頼となり、次の仕事紹介や人材採用へつながっていく仕組みとなっている。初期段階では、オフィスワークや販売、軽作業など、パーソルグループが強みを持つ領域から展開し、徐々に職種などを拡大していく考えという。

シェアフルのサービスの流れ
シェアフルのサービスの流れ

 新会社のシェアフル株式会社については、東京都渋谷区に資本金1億円で設立。出資比率は非公開としているが、過半以上をパーソルHDが占めるという。代表取締役社長には、パーソルテンプスタッフ執行役員の大友潤氏が就任する。

左から、パーソルホールディングス取締役副社長 COOの 高橋広敏氏、シェアフル代表取締役社長の大友潤氏、同取締役の横井聡氏、ランサーズ代表取締役社長の秋好陽介氏
左から、パーソルホールディングス取締役副社長 COOの 高橋広敏氏、シェアフル代表取締役社長の大友潤氏、同取締役の横井聡氏、ランサーズ代表取締役社長の秋好陽介氏

 大友氏は、国内では昨今労働者不足が叫ばれている一方で、追加就労希望者の増加や、就業中の派遣スタッフの多くが副業を希望するなど“もう少し働きたい人”が増え、仕事自体も増えている状態にあると説明。一方で顕在化した仕事と個人の希望にはギャップも発生しているのが現状という。そして「もう少し働きたいというワーカーのニーズと、オンデマンドで人材を調達したいという企業のニーズをつなげるプラットフォーム構築が必要」と背景を説明。

“もう少し働きたい人”が増え、労働力不足という情勢だけではなく、スポット的な仕事も増えていくという
“もう少し働きたい人”が増え、労働力不足という情勢だけではなく、スポット的な仕事も増えていくという

 サービスの展開時期については、2019年1月以降に事前登録を順次開始。ビジネス規模については、サービス開始1年以内に月間利用者数1万人、5年以内に同10万人を目標とするという。今後のサービス展開としては、ワーカーの職務経験やスキルを評価データとして蓄積し、その評価を通じて賃金が上がりやすくなるような仕組みを構築するしていく。また、AIを活用してワーカーと企業のシフト調整の工数を削減するほか、マッチング効率や成約数の向上を狙うとしている。

今後のサービス展開について
今後のサービス展開について

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]