logo

AI英会話「TerraTalk」のジョイズ、書籍をデジタル教材化するプラットフォームを公開

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英会話学習アプリケーションの 「TerraTalk(テラトーク)」を運営するジョイズは10月29日、出版社・通信教育などの教材提供企業に対して、既存の教材のデジタル化や、AI英会話学習機能の搭載ができるプラットフォーム「TerraTalk Connect」を公開した。

 あわせて、桐原書店との共同開発によって、2019年4月よりNHK語学番組の講師大西泰斗氏と、ポール・クリス・マクベイ氏が手がける英語学習参考書「総合英語FACTBOOK これからの英文法」と連動したAI英会話教材を提供するという。

キャプション
「TerraTalk Connect」のイメージ

 TerraTalk Connectは、既存の教材をデジタル化し、学校や塾のカリキュラムに沿った内容でAIを活用した英会話学習を可能にするプラットフォーム。同社ではこれまで、AIとの英会話を通じてスピーキングを学習できる英会話アプリであるTerraTalkを提供してきたが、そのノウハウを生かして、同プラットフォームを開発した。

 また桐原書店との取り組みについては、桐原書店が提供する英語学習参考書の内容に沿ったコースを共同で開発。TerraTalk上にデジタル教材として提供する予定。具体的には、参考書内で文法を学習する際に使われる例文が、TerraTalk上の英会話コースで使われ、生徒は「総合英語FACTBOOK これからの英文法」で学んだ文法を、実際に会話の中で発話練習できるようになる。

 今後は、学校の教科書にも対応する予定で、2019年の本格提供に向けてさまざまな企業との共同開発を予定しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]