logo

ADK、中国越境ECに本格参入--アニメコンテンツなど展開へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大手広告代理店のアサツー ディ・ケイ(ADK)は10月23日、中国越境EC市場に本格参入すると発表した。中国の巨大ECモールである京東(ジンドン)が出資する唯一の日本企業であるフランクジャパンと出資契約を締結した。

キャプション
経済産業省によると、中国の消費者がインターネット経由で日本の事業者から直接商品を購入する越境ECの購入額は、過去最高額の1兆2978 億円(前年1兆366億円、前年比25.2%増)

 今回、同社が出資契約を締結したフランクジャパンは、中国越境EC市場の主力モールである京東集団(JD.com)からの出資を受け、商品の調達、EC事業戦略の立案、販売ページ製作、国際物流、カスタマーサービスなど、中国越境EC事業をトータルで支援している。特に京東集団が得意とする、自社で商品を仕入れて販売する自営販売方式の運営支援に強みがあるという。

 中国におけるEC店舗運営事業は、物流会社やカスタマー・サービスセンター会社が主流であり、日系広告会社の事業領域外とされてきた。しかし同社は、今回の出資によって、フランクジャパンの越境EC運営機能と、京東集団と資本関係にあるネットワークを生かしてEC店舗運営事業へ参入。モール外マーケティングだけでなく、EC事業戦略構築、販売、物流、カスタマーサービスなどEC関連事業をトータルでサポートできる体制を整えたという。

 ADKは、広告会社として人気アニメなどコンテンツビジネスに強みがあり、今後はこれまで日本国内で培ってきたノウハウを生かし、中国市場でのニーズの高いアニメコンテンツのEC活用にも挑戦していくという。さらに、中国越境EC事業の成功モデルをもとに、EC市場が成長している東南アジアも視野にいれた事業展開も計画するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]