logo

築144年の古民家を民泊に活用--古河市、楽天LIFULL STAYらが歴史的建築物活用で協定

加納恵 (編集部)2018年10月09日 18時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 古河市、一般社団法人茨城県古民家再生協会、ホームアウェイ、楽天LIFULL STAYの4者は10月9日、「古河市における歴史的建築物活用に関する協力協定」を締結したと発表した。古民家の活用を促進し、観光産業の活性化を目指す。

改装前の古民家
改装前の古民家

 4者は(1)歴史的建築物の情報共有に関すること、(2)歴史的建築物の保存・活用に関すること、(3)歴史的建築物を活用した観光振興に関すること、(4)歴史的建築物を活用した地域活性化に関すること、などについて連携、協力していく。具体的には、古河市における古民家や歴史的建築物をバケーションレンタル用の宿泊施設として活用するほか、国内外の旅行客に向けて古民家や地域の魅力を発信し、長期滞在を促す計画だ。

 活用第1弾として、古河市恩名に所在する築144年の物件を、2020年を目途にバケーションレンタル用に改装し、宿泊施設として運用する予定。古河市と茨城県古民家再生協会が物件情報を提供し、楽天LIFULL STAYが開業までのサポートや施設の運用代行を担い、ホームアウェイと楽天LIFULL STAYが共同で集客などのマーケティングを受け持つ。

 今回の協定を通じて4者は、さまざまなインバウンド需要にも対応しつつ、古河市の古民家をはじめとする歴史的建築物の活用を積極的に推進していく。

ホームアウェイ、全国古民家再生協会、楽天LIFULL STAYの業務提携イメージ図
ホームアウェイ、全国古民家再生協会、楽天LIFULL STAYの業務提携イメージ図

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]