logo

iPhone XS/XS Max発売、本当の名は……?--Appleニュース一気読み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月19日~9月24日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のAppleニュース一気読み」。

 Appleは9月21日、日本を含む世界各国で、2018年モデル第1弾、iPhone XSシリーズを発売した。2017年モデルのiPhone Xの光景となる5.8インチiPhone XSと、6.5インチとこれまでで最大サイズとなるiPhone XS Maxの2機種が登場した。

「iPhone XS」シリーズと「iPhone X R」
「iPhone XS」シリーズと「iPhone XR」

 また、初めてのデザイン変更を受けたApple Watch Series 4も同日に発売された。拡大され丸みを帯びたケースと、オールスリーのデザインを採用し大きくなったディスプレイ、心電図、転倒検出機能などが追加され、スピーカの大音量化で通話もしやすくなった。

 Appleは2017年と同様に、iPhoneの第2弾リリースを用意している。10月21日には749ドル~(日本では8万4800円〜)に価格を抑えた全画面モデル、iPhone XRが控えている。このことから、iPhone XSシリーズは比較的静かな発売を迎えていたようだった。

 iPhone XSシリーズは値下げされず、更に高額な大画面モデルを用意し、高価格戦略に進むAppleに対する疑問の声も大きい。そのためか、9月18日に米テレビ番組、Good Morning Americaに出演したTim Cook CEOは、「iPhoneを万人のものにしたい」と語り、大半の人が月額料金と合わせて支払っているため、1日1ドル程度で利用できると高価格を擁護した。

 iPhone XSについては、名称の問題もつきまとう。筆者は米国・日本のApple広報に確認し、「iPhone XS」という表記を利用しているが、レビュー用に受け取ったデバイスの箱には「iPhone Xs」と書かれていた。

iPhone XS Maxのパッケージの表記
iPhone XS Maxのパッケージの表記

 Appleは公式サイトなどで、四角で囲まれた「S」をブランド表記に使用している。しかしその公式サイトのiPhone XSのページでは、堂々と「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」という表記が用いられているのだ。結局、本当の名前は一体何なのだろうか。

写真で見るiPhone XS/XS Max/XR--アップル史上最大のモデルなど3機種の特徴(9/18)
アップルのクックCEO、新型「iPhone」の高価格設定を擁護(9/19)
一足早くiPhone XS/XS Max開封の儀--セットアップ、注目の機能を紹介(9/20)
2019年の「iPhone」は11?XI?それとも……?アップルの命名問題はまだ続く(9/23)

iPhone XSを買う?買わない?

 iPhone発売直前、直後には、iPhoneを買うのか、どのiPhoneを買うのか、という議論が活発に起きる。iPhone Xを使ってきた筆者としては、iPhone XS Maxの大画面を試してみたい。iPhone XRは、久々のカラフルなiPhoneかつ、性能面でiPhone XSに大きく劣ることがない。そのため、個人的にはiPhone XSとiPhone XRという2つのモデルを用意しようと思っている。色選びは今から悩むところだ。

 既にAppleの中では、ホームボタンが過去のものになりつつあるが、やはりその人にとって使いやすいインターフェースは「慣れ親しんだもの」。「ホームボタン・ロス」に悩む人にとって、iPhone 8のA11 Bionicの性能が未だに2018年モデルのAndroidスマートフォンより秀でた部分がある点は、救いとなるはずだ。

 論点は画面サイズ、そしてバッテリに収斂しつつある。Appleは2017年の5.8インチに続いて、6.5インチの大型モデルを用意した。さらに、10月には6.1インチ液晶モデルを手に届きやすい価格で提供する。画面が小さいというiPhoneのコンプレックスは、ほぼ解消されたと見てよいだろう。

 画面の拡大はバッテリサイズの拡大につながる。またA12 Bionicによって、iPhone Xと比較してiPhone XSは30分、iPhone XS Maxは1時間半長持ちし、iPhone XRは更にインターネット2時間、ワイヤレスビデオ再生1時間長持ちする。バッテリで選ぶならiPhone XR、ということになる。

 iPhone XSの魅力はカメラだ。望遠カメラが備わっており、人物以外の被写体を対象としたポートレートモード、あるいはより被写体に近づくマクロ撮影などに対応しやすくなる。そして6.5インチの最大サイズの画面を備えるiPhone XS Maxは、その画面サイズの価値を、よりコンパクトに手に入れられる。

 意外なほどに6.5インチモデルが小さく、iPhone 8 Plusと変わらない感覚で利用できる点は驚きだった。ぜひ手に取って、選んでみて欲しい。

私が「iPhone XS」を買わない理由(9/15)
私が「iPhone XS」を絶対に買う理由(9/15)
「iPhone XS」を使って感じたカメラやFace IDの進化、実現してほしかったこと(9/21)
iPhone XSシリーズ発売--Apple Store表参道で恒例のハイタッチ(9/21)

その他

ITC、アップル製品をさらに調査へ--モトローラの申し立て受け(9/19)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]