logo

「iPhone XS」を使って感じたカメラやFace IDの進化、実現してほしかったこと

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2018年09月21日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone XS」は製品名に「S」の一文字が付与された「iPhone」であり、2017年の大胆な「iPhone X」を全体的に洗練して完成度を高めたモデルだ。しかし、末尾に「S」の付くこれまでのiPhoneと異なり、XSには、「印象的な1つの新機能」がない。その代わりに、これまでよりも広範な改善が施されている。その中で最も注目に値するのは、カメラと新しい「A12 Bionic」チップだ。このチップのおかげで処理速度がさらに向上するため、人工知能(AI)や拡張現実(AR)、グラフィックスに大きな違いがもたらされるかもしれない。すでに素晴らしかったスマートフォンがさらなる進化を遂げた。

 iPhone XSと「iPhone XS Max」は、「S」シリーズの年に登場した過去のiPhoneの特徴を踏襲している。具体的には、処理速度が向上しており、カメラのハードウェア強化によって、日常的に撮影する写真の質がプロのレベルにより近づいた。だが、デュアルSIMのサポートを除けば、今回は「Touch ID」や「3D Touch」のような真新しい機能はない。また、過去の標準モデルとより大型の「Plus」モデルではカメラに違いがあったのに対し、XS MaxとXSのカメラのスペックは全く同じ。「大型」か「超大型」かの違いだけだ。XS Maxは本体が大きいので、バッテリ容量と画面サイズもXSより少し大きい。

iPhone XSとiPhone XS Max
iPhone XSとiPhone XS Max
提供:Sarah Tew/CNET

iPhone XSの特に優れているところ

「スマートHDR」は撮影画質を高める素晴らしいアップグレード

 2017年のiPhone Xと新しいiPhone XSのカメラのスペックを比較すると、ほとんど何も変わっていないと思うはずだ。デュアルカメラも、絞り値も、画素数も、2倍光学ズームも同じ。だが、Appleは内部に多くの改善を施している。XSには、写真の質を実際に高める全く新しいイメージセンサが搭載されている。

iPhone XS
写真の質は上がっている
提供:Sarah Tew/CNET

 性能の向上したセンサとA12 Bionicチップ上の新しい画像プロセッサの組み合わせにより、Appleが「スマートHDR」と呼ぶ機能が実現した。実際には、それは暗所や、コントラストが極端な環境で撮影した写真がより綺麗に見えることを意味する。夜間の街路でも、暗いバーの中でも、明るい日差しの下でも、これまでより質の高い写真を撮影できる。

 筆者のリビングルームの明るい照明環境で撮影した写真は、これまでよりもディテールの描写が向上した。以前のように、明るい部分がつぶれてしまうこともなくなった。窓や街灯の周りのディテールがより細かく描写されるようになった。ほとんどの写真で、ぼやけている部分やノイズが少なくなっている。光量が多すぎるように思えることもある。いくつかの写真のカラーと明るさは驚くほどだった。自分の撮影する写真にこれまでよりはるかに満足できるようになった。

 Appleによると、大型化したセンサはより多くの光を取り込むことができるという。その違いには筆者も気づいた。フォーカスも高速化している。これらの要素は、2018年のモデルで画質を向上させるのに大きな役割を果たしており、本格的な写真家も興味を持つはずだ。

緑の葉にとまっている虫の写真
この写真は筆者のお気に入りだ
提供:Sarah Tew/CNET

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]