logo

テラスカイ、グループウェア「mitoco」バージョンアップでカレンダーなど機能改善

佐藤和也 (編集部)2018年09月09日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テラスカイは9月7日、ビジネスコミュニケーションプラットフォーム「mitoco」(ミトコ)について、9月14日に「V6.0」へバージョンアップすると発表した。

 mitocoは、クラウド時代のニーズとテクノロジーをもとに開発したコミュニケーションプラットフォーム。Salesforceをプラットフォームとしている点と特徴とし、SalesforceのCRMデータとの連携や、Salesforceの柔軟性の高い開発基盤でカスタムアプリケーションを追加開発することも容易だとしている。

 今回の「V6.0」ではカレンダーにおいて、指定したユーザーや施設の空き時間をmitocoが検索し、打合せなどの候補日時をユーザーに提示する「空き時間検索」機能を追加する。招集するユーザーや使用する施設、検索期間を指定することにより、予定作成が可能な空き時間を表示。これにより、日時調整に関わる非生産的な時間を削減し、ユーザーの生産性向上に寄与するとうたう。提示された候補日時は、前後のスケジュールを確認しながら予定を作成することができる。なお、この機能はデスクトップ版のみの提供としている。

mitoco空き時間検索画面
mitoco空き時間検索画面

 このほかワークフローでは、回覧者指定を申請者が予め設定できる回覧機能、コピー機能の拡張、次の承認者が長期休暇などの場合にスキップできる空ステップ指定機能など、既にmitocoワークフローを使用している企業からの要望に応える多数の機能を追加したとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]