logo

楽天LIFULL STAYと昭和リース、宿泊施設開発へのファイナンス支援で業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天LIFULL STAYと昭和リースは9月6日、「Rakuten STAY」の宿泊施設開発へのファイナンス支援に関する業務提携に合意した。

 今回の提携は、楽天LIFULL STAYが提供する民泊・簡易宿所向けのブランディング、および運用代行サービスであるRakuten STAYの宿泊施設開発を目的としている。

 昭和リース、ブリッジ・シー・キャピタル、シルバーバックス・プリンシパルは、今後設立される合同会社に対して、投資事業有限責任組合を通じた匿名組合出資によるファイナンス支援を行う。

投資スキーム概要図
投資スキーム概要図

 今後設立される合同会社は、Rakuten STAYの各宿泊施設を開発・保有し、楽天LIFULL STAYに運用代行を委託。ブリッジ・シー・キャピタルが、アセットマネジメント業務を担う。

 昭和リースは、本スキームのプログラム化を担い、Rakuten STAYの宿泊施設開発に対する、安定的な資金の確保や、幅広い資産の事業化が可能となるため、宿泊施設開発の促進が期待できるとしている。

 業務提携の第1弾として、楽天LIFULL STAYがハイアス・アンド・カンパニーと共同開発した戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」の施設開発に対するファイナンスを行う予定だ。

戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」イメージ画像
戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE」イメージ画像

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]