logo

グーグル、STEM分野の学生向けにVR研究室を公開

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年08月24日 12時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleと科学教育企業のLabsterが、STEM(科学・技術・工学・数学)分野の学生向けに仮想現実(VR)による研究室を開発した。

提供:Screenshot/CNET
提供:Screenshot/CNET

 「VRは人々をあらゆる場所に連れて行くことができるため、それがなければ学位取得に必要な研究室での時間を確保できない学生にとって、強力なリソースになる可能性がある」とGoogleは米国時間8月23日のブログで述べた。

 「Daydream View」またはレノボの「Mirage Solo with Daydream」ヘッドセットを利用できる学生は、DNAの配列決定や顕微鏡での生物観察などができるようになる。両社はこれらのバーチャル研究室を30種類以上開発済みで、23日の時点で約10種類の研究室が公開されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]