logo

Facebook MessengerのビデオチャットでARゲームが遊べるように

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、スマートフォン向けメッセージングアプリ「Facebook Messenger」の新機能として、ビデオチャット中に遊べる拡張現実(AR)ゲームの提供を開始した。プレイするには、Messengerアプリを最新版にする必要がある。

ビデオチャット中にプレイ可能なARゲーム(出典:Facebook)
ビデオチャット中にプレイ可能なARゲーム(出典:Facebook)

 このゲームは、Messengerでビデオチャットをしている複数ユーザーのあいだで同時に遊べるマルチプレーヤー対応。現時点でプレイ可能なゲームは「Don't Smile」と「Asteroids Attack」の2種類。

 Don't Smileは、参加者の誰が一番長く笑わず真面目な顔を保てるかを競う内容で、いわゆる“にらめっこ”のビデオチャット版。Asteroids Attackは、各参加者の鼻の位置に表示される宇宙船を顔の動きで“操縦”し、画面の上から飛んでくる小惑星を避けたりレーザー砲で破壊したりして、衝突しないよう飛行させ続けるゲーム。

 ゲームをプレイするには、まずMessengerでチャットする相手やグループを選び、画面の右上にあるビデオカメラ型アイコンをタップしてビデオチャットを始める。そして、星形ボタンをタップして遊びたいゲームを選べばよい。ビデオチャット中に誰かがゲームを始めると通知が届くので、そこから参加することも可能。

 同時プレイできる人数は、グループビデオチャットに参加可能な最大人数と同じ6人。

 Facebookは、今後ゲームの種類を増やしていく計画。たとえば、ビーチボールをパスし合う「Beach Bump」や、“猫合わせ”ゲーム「Kitten Kraze」などを提供するという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]