logo

インフルエンサーマーケティングのBitStarが約13億円を調達

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年08月20日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフルエンサーマーケティングのトータルソリューションを展開するBitStarは8月20日、グローバル・ブレインをリードインベスターとする13億円の資金調達を実施したと発表した。

BitStar
BitStarが13億円を調達

 第三者割当増資の引受先(順不同)は、既存株主であるグローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合、ABCドリームファンド1号投資事業有限責任組合のほか、コロプラネクスト6号ファンド投資事業組合、Wright Flyer Live Entertainment、INTAGE Open Innovation投資事業有限責任組合、Makers Fund LP、朝日新聞社、名古屋テレビ・ベンチャーズ。また、並行して銀行からの融資を受けた。

 同社では、「インフルエンサーが活躍できるインフラを創る」というビジョンを実現するため、テクノロジ強化、事業間連携、戦略的協業の3つの経営方針を掲げている。今回調達した資金は、特に各事業との「戦略的協業」の推進に充てるという。

 具体的には、3000名のインフルエンサーと企業のマッチングプラットフォーム「BitStar」において、協業先とインフルエンサーの広告販売を加速させるほか、500社に利用されている月額制のプランニング・分析ツール「Influencer Power Ranking」においても、協業先と販売を加速させ、共同で商品開発を行うとしている。

BitStar

 さらには、テレビ局などのメディア企業と協業したYouTubeチャンネルを運営し、IPコンテンツの創造を目標としたマルチメディアへの展開を予定しているという。

 このほか、フォロワー数が合計1000万を越えるYouTuberを中心とするプロダクション「E-DGE」において、協業先と次世代スターの創出を加速させるほか、ファンコミュニティサービス「costar」のアプリ化・コミュニティ機能の強化(8月予定)、バーチャルYouTuber事業における3D VTuber展開などを進めるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]