logo

セキュリティキー発売のグーグルに提案:スマートウォッチを使わない手はない

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月30日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、社内で過去1年半、パスワード入力の代わりに小さなキーを採用したことで、ハッキングが減少し、セキュリティが強化されたと自慢している。Googleはこの夏、オリジナルのセキュリティキー「Titan Security Key」をUSB/NFC版とBluetooth版の2種類で販売する予定だ。米CNETのAlfred Ng記者は既に試用している。2017年、私も似たようなセキュリティキー「Token Ring」を使ってみた。こちらはウェブサイトにログインする際に使える指紋認証用の指輪状のウェアラブルデバイスだ。

 この夏から秋にかけて、Apple、サムスン、Googleがスマートウォッチの新モデルを発表すると予測されている今、ウェアラブルデバイスを認証ツールにする時が来たと私は言いたい。

リングやスマートウォッチが登場するのを待っている(Scott Stein記者のツイート)
採用して以来、8万5000人以上の従業員のうち1人もフィッシング被害に遭わなかったとGoogleが自慢するセキュリティキーは、Titan Security Keyのテストバージョンだった。私はこの週末、自分でこれを試してみた。(Alfred Ng記者のツイート)

 Googleの次期モバイルOS「Android P」にはこれまでより高品質な生体認証セキュリティ機能が搭載される。「Chrome」「Firefox」「Edge」などのウェブブラウザは2018年、パスワードの代わりにセキュリティキー、スマートフォン、スマートウォッチ、スマートリングも使える2要素認証をサポートした。

 「Apple Watch」は既に「Mac」のロック解除に使える。だが、「Touch ID」や「Face ID」をAppleの「iCloud Keychain」にリンクした時とは異なり、「iOS」や「macOS」で横断的にログインに使えるわけではない。

Token Ring
2017年に発表されたToken Ringは2要素認証セキュリティをサポートする
提供:Scott Stein/CNET

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]