logo

USB-Cケーブル1本でVR機器を接続する「VirtualLink」、MSら5社が発表

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年07月18日 13時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VRヘッドセットの接続には何本ものケーブルが必要だが、PC向けVR分野の主要企業が参加する新しい業界標準規格によると、単一のUSB Type-C(USB-C)接続で全てをまかなえるようになるという。

 米国時間7月17日、新しい接続規格の「VirtualLink」が発表された。現状では複数のUSBケーブルとHDMIケーブルを使って「Oculus Rift」や「HTC Vive」などのヘッドセットをPCに接続する必要があるが、新規格はこれを大幅に改善するとみられる。VirtualLinkは、4つの独立したHBR3 DisplayPortレーン、カメラとセンサ用のUSB3.1チャネル、27ワットの電力をサポートする。

 この規格を策定したVirtualLink Consortiumには、NVIDIA、Valve、Oculus、AMD、MicrosoftといったPC向けVR分野の主要なハードウェアメーカーが参加している。この規格は次世代の複合現実プラットフォームにも対応できるだけの強力な性能を備えているようだ。

 この規格は単一のUSB-C端子を使用するため、小型のノートPCやPCもサポートできる可能性がある。NVIDIAは発表の際、薄型軽量ノートPCに言及したが、タブレットや小型PC「NUC」も対象になるかもしれない。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]