logo

「Firefox 61」がリリース--メモリの有効活用でさらなる高速化を実現

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2018年06月27日 10時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Firefox」は、さらなる高速化を実現するため、コンピュータのメモリをよりスマートに利用する。

 これらの変更は、米国時間6月26日にリリースされた「Firefox 61」で実装している。Firefox 61はMozilla製ブラウザの最新版で、「Firefox Quantum」ブランドを冠している。半年前に登場したQuantumは、同ブラウザの評判を復活させて、支配的な地位にあるGoogleの「Chrome」に対し巻き返しを図ろうとするMozillaの取り組みを具体化したものだ。

 変更の1つは「Retained Display Lists」という名称で、画面上にウェブサイトを描画する際にブラウザがすでに実行した作業を記憶しておくことで機能する。ページの一部が変更された場合にすべてを再計算するのではなく、ページの変更された部分だけを再計算する。これは通常より複雑な作業だが、Mozillaの調査によると、画面にピクセルを描画するのに必要な時間が33%短縮されるという。

 また別の変更である「Tab Warming」は、あるタブから別のタブへ切り替える際にユーザーを苛立たせることのある遅れを緩和する。ユーザーがマウスポインタを別のタブに移動すると、そこを閲覧しようとしている可能性が高いことを予測して通知を行い、そのウェブサイトの最終版をコンピュータのメモリに読み込む作業を開始して、ユーザーがクリックした時に素早く表示できるようにする。

 Tab Warmingは現在のところ、「Windows」と「Linux」でのみ動作する。

 新バージョンのFirefoxには、ほかにもユーザーの目を引く可能性のある機能がいくつかある。

  • Firefox 61は、より積極的にTLS 1.3をサポートしている。TLS 1.3は、Transport Layer Security(TLS)規格を高速化した新バージョンだ。TLSは、ブラウザとウェブサイトの通信を暗号化することで、データの傍受や改ざん、セキュリティ侵害を防止するために使われる。Mozillaは、「FirefoxはTLS 1.2にフォールバックするだろう。われわれは今後、このフォールバックを段階的に無効にしていく」と述べた。
  • Firefoxの動作をカスタマイズする拡張機能の開発者は新たに、タブを非表示にしたり、タブの開閉時にさまざまな動作を実行したりできるようになった。これは、Quantumで整備した拡張機能の基盤を具体化しようとするMozillaの取り組みの一環で、Chromeで使われているものと同じようなアプローチを採用する。
  • 「Android」版Firefoxでは、スクロールが高速化しているはずだ。
提供:Stephen Shankland/CNET
提供:Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]