logo

アップル、一部「MacBook」「MacBook Pro」のキーボード無償修理プログラム開始

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月25日 08時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleがようやく、「MacBook」の「バタフライスイッチ」キーボードに関する問題に対応したようだ。

 Appleは米国時間6月22日、「文字が勝手に反復入力される」「文字が表示されない」「押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない」という症状が現れる、「特定のMacBookおよびMacBook Proモデルのごく一部のキーボード」を修理するプログラムを発表している。

Apple MacBook
提供:Sarah Tew/CNET

 対象モデルは、Appleが2015年にコンピュータを刷新した際に初めてリリースしたバタフライスイッチ設計を採用するものだ。

 Appleは米CNET宛ての声明で、修理プログラムの対象範囲を繰り返したが、対象端末台数に関する詳細を明らかにしなかった。

 Appleは、「AppleおよびApple正規サービスプロバイダーでは、顧客の端末が本プログラムの適用対象かどうかを検証したうえで、無償で修理を行う」と述べている。「1つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もある」(Apple)



 Appleによると、本プログラムの対象になると考えられるキーボードをすでに有償で交換した顧客は、返金についてAppleに問い合わせることができるという。

MacBook
MacBookのサイトで新旧のキーボードの仕組みの違いが説明されている。
提供:Apple/Screenshot by CNET

 バタフライスイッチの使用をめぐっては、Appleに対して複数件の集団訴訟起こされていた。

 Appleはバタフライスイッチに関する苦情を受け、キーボードの手入れ方法を説明するウェブページを1年前に公開した。しかし、一部のユーザーからは効果がないとの声も上がっていた。今回修理プログラムを開始したことは、当初想定していたよりも問題が深刻であるとAppleが認めたことをうかがわせる。

 このプログラムは、対象となるMacBookおよびMacBook Proに対し、最初の小売販売日から4年間適用される。通常の製品保証期間を延長するものではないとしている。

 対象モデルは以下の通り。

  • MacBook(Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook(Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook(Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro(13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro(13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro(13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro(13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro(15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro(15-­inch, 2017)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]