logo

アップルの「MacBook」キーボード不具合めぐり、再び集団訴訟

Erin Carson (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年05月24日 11時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「MacBook」と「MacBook Pro」での「バタフライスイッチキーボード」の採用をめぐって、Appleに対する新たな集団代表訴訟が提起された。原告側は、Appleが2015年に発表したバタフライキーボードに不具合があると主張している。

 今回の集団代表訴訟は、バタフライキーボードをめぐって提起された2件目の訴訟である。不具合があるとされるバタフライキーボードに関しては、最初の訴訟が提起される前から、ブログ記事、ツイート、サポートフォーラムのコメントで苦情が寄せられ、Change.orgでリコールを求める署名運動が行われたほか、風刺的な楽曲や動画まで登場していた。

 Appleにコメントを求めたが、回答は得られていない。

 今回の新しい訴訟は米国時間5月22日、カリフォルニア州北部地区米連邦地方裁判所に提起された。訴状によると、バタフライスイッチは壊れやすく、「キーボードの破損のリスクを冒さずに取り外すことができない」ので、Appleの保証が無効になる可能性があるという。このキーボードの設計はホコリなどの粒子の侵入を概ね防いでくれるが、訴状によると、何かが「キーの下に入り込んだら、バタフライスイッチが機能しなくなる」という。

 訴状によると、Appleは本体を75度の角度で持ち、圧縮空気のスプレーを使ってキーを掃除することを勧めているが、この解決策は効果的でないと原告側は主張している。

提供:Getty Images
提供:Getty Images

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]