logo

グラモ、「Glamo Smart Lock」がフロントオートロックに対応--ワンタイム暗証番号で解錠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グラモは6月13日、スマートロック「Glamo Smart Lock」に対応する、フロントオートロック制御ユニット「IRU-03ZWIF(ES)」を開発したと発表した。

Glamo Smart Lock 01
Glamo Smart Lock 01
「IRU-03ZWIF(ES)」
「IRU-03ZWIF(ES)」

 Glamo Smart Lockは、一般的な簡易交換型のスマートロック製品とは異なり、大規模運用にも耐えうるシリンダー交換型のスマートロック製品。ドアに穴あけやビス止めを施すことなく、シリンダーごと交換することで、退去時にシリンダーを交換する手間や、コストを削減する。

 シリンダー交換型でありながら、クラウドサーバとも連携し、グラモの「Smart Coordination System」を利用して、遠隔での鍵交換や、ワンタイム暗証番号鍵の発行、鍵の施解錠、家電やセンサと連携させた自動制御も可能だ。

 今回開発したフロントオートロック制御ユニットと連携することで、マンションなどに設置されたフロントオートロックの解錠も可能となり、エントランスホールから住居の玄関までを、カードキーやワンタイム暗証番号、スマホなど、ユーザーが選択する同一の方法で解錠できる。

 ユーザーが追加で住戸のスマートロックに登録したスペアキーも、自動的にフロントオートロック側に同期される仕組み。メンテナンス業者や民泊利用など、一時的な来訪者に入室させる際にも、電話でワンタイム暗証番号を伝えるだけで、物理的な鍵の受け渡し無しで入室が可能だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]