logo

レオパレス21、AIスピーカ搭載スマートステーション端末を新築全戸に標準装備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レオパレス21は11月7日、グラモが開発中のAIスピーカを搭載したスマ ートステーション端末を、2018年1月契約の物件から、新築全戸に標準装備すると発表した。年間約1万戸への導入を予定している。

スマートステーション端末の使用イメージ
スマートスピーカを搭載したスマートステーション端末の使用イメージ

 スマートステーション端末は、AI音声認識スピーカ機能に加え、標準搭載されているスマートロック「Leo Lock」との連携や家電制御、AIスピーカを利用した音声案内サービス、およびセンサ連携による住環境の自動制御が可能な、組み込み型設備となる。

 AIスピーカは、AI音声アシスタントを搭載し、音声で音楽の再生や家電操作、天気予報やニュースなど、インターネットサービスとの連携が可能。ゴミ捨て曜日案内、宅配便受け取り案内、イベント案など入居者向けの情報を、会話形式で提供するサービスも予定している。

 Leo Lockとの連携により、玄関鍵の施錠、開錠と連動して、照明やTV、エアコンなどの家電制御や、プッシュ通知などの機能を実行させることが可能。家電制御機能は赤外線やBluetoothに対応し、エアコン、テレビ、照明など備え付けの家電を、スマートフォンや音声で制御できる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]