logo

タイムレコーダーが“笑顔をたたえる”--「バイバイ タイムカード」に笑顔認識機能

佐藤和也 (編集部)2018年06月11日 14時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネオレックスは、同社が提供しているクラウド勤怠管理システム「バイバイ タイムカード」のiPad向けタイムレコーダーアプリについて、出勤時(打刻時)の笑顔を認識し、それを記録する機能を実装。6月8日から無償提供を開始している。

 バイバイ タイムカードは、タイムカード、タイムレコーダーなどを利用して行われている出退勤時刻の記録と、それらの集計を自動化するクラウド勤怠管理システム。iPadにQRコードをかざして打刻する「バイバイ タイムカード for iPad」では、もともと打刻時に写真を撮る機能が実装されている。

 今回の新機能は、この写真に写った顔が笑顔だった場合、心地よい効果音とともに「Smile!」の文字が画面上に素早く浮かび上がるというもの。打刻時に笑顔かどうかを認識し、その場で打刻者にフィードバックするとともに、笑顔認識結果はリアルタイムに表示。また、笑顔回数や笑顔率を日・週・月・年単位で集計する機能、DropboxやFTPサーバーに笑顔の写真を保存する機能を有している。

笑顔認識結果
笑顔認識結果

 実装の背景には札幌の輸入住宅を提供している企業からの打診があり、働く人が出勤時(打刻時)に笑顔を意識することで、明るい気持ちや前向きな気持ちになることや、笑顔を讃えることで職場に笑顔が広がること、笑顔率をメンタル面の指標として働く人のコンディション調整に役立つなどの効果を目指し、機能開発を行ったとしている。

 同社では「働く人が仕事を開始するときに必ず触れるのが、タイムレコーダー。そのタイムレコーダーが、笑顔で仕事を始めるきっかけになれば、ささやかながら働く人が元気に、前向きになるお手伝いができるのではないか、そういう働き方改革があってもよいのではないかと考えた」という。

 笑顔認識機能利用ににともなう追加費用は不要。新たに笑顔認識結果を集計値に反映させたり、画面や出力ファイルへ加えること、同社のコンサルティングチームによる設定変更が発生する場合には、別途実費が発生する予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]