logo

IoT活用やプログラミング必修化を視野に入れた玩具も--東京おもちゃショー2018 - 16/33

佐藤和也 (編集部)2018年06月09日 09時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 トミカのサスペンション機能を活用し、車体を上から押し込むことで、エンジンがかかったようなリアルなエンジン音と、アイドリング振動を体感できるというもの。また手ころがしで走行させると、リアルな走行音が鳴り、走行音に合わせて振動も変わる。スポーツカータイプのものについては、自動車メーカー全面協力のもと、実車のエンジン音を実際に収録したものを使用しているという。

 トミカのサスペンション機能を活用し、車体を上から押し込むことで、エンジンがかかったようなリアルなエンジン音と、アイドリング振動を体感できるというもの。また手ころがしで走行させると、リアルな走行音が鳴り、走行音に合わせて振動も変わる。スポーツカータイプのものについては、自動車メーカー全面協力のもと、実車のエンジン音を実際に収録したものを使用しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]