logo

代官山に最新テクノロジのEMSトレーニング・ジム--「SIXPAD STATION」を体験

坂本純子 (編集部)2018年06月01日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 MTGは、EMS(筋電気刺激)技術を活用したトレーニング・ギアで知られる「SIXPAD」を使ったトレーニング・ジム「SIXPAD STATION」を6月1日にプレオープンする。

 MTGは、EMS(筋電気刺激)技術を活用したトレーニング・ギアで知られる「SIXPAD」を使ったトレーニング・ジム「SIXPAD STATION」を6月1日にプレオープンする。

 MTGは、EMS(筋電気刺激)技術を活用したトレーニング・ギアで知られる「SIXPAD」を使ったトレーニング・ジム「SIXPAD STATION」を6月1日にプレオープンした。

 体験料金は3000円(税別)、ドロップイン(1回利用)は、8000円(税別)だ。マンスリー会員プランも用意する予定という。

 SIXPAD STATIONは、3月に米国で開催された「SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)」でも独自の最先端テクノロジを駆使した近未来型EMSトレーニング・ジムとして出展。好評を得たという。

このようなEMSフルボディスーツを着てトレーニングする
このようなEMSフルボディスーツを着てトレーニングする

 SIXPAD STATIONは、新たに開発したトレーニングアイテムの(1)コントロールタワー、(2)EMSフルボディスーツ、(3)デジタルトレーニングミラーの3つで構成される。

 一般販売されているSIXPADとは異なり、専用のウェアを着た上で独自のEMSフルボディスーツを装着する。トレーニング時には必ず一人に一人トレーナーが付き、実際のトレーニングの様子を見ながら、その人に合った強さでEMSをワイヤレスで操作する。

 EMSは、電気刺激によって筋肉トレーニングをサポートするテクノロジだ。京都大学名誉教授の森谷敏夫氏らとともに筋肉を効率的にトレーニングできる周波数を研究し、20Hzという結論を得たという。トレーニング時間は15分間。短い時間でも効率的にトレーニングできるよう追求した独自のプログラムを特徴とする。実際に体験したので、その様子をフォトレポートでお伝えする。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]