logo

Macで「Windows 10」や「Windowsアプリ」を動かす方法

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2018年05月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Appleの「Boot Camp」

 「macOS」は、Windowsをインストールできる「Boot Camp」というユーティリティを搭載している。これを使うと、MacをmacOSとWindowsの切り替えができるデュアルブートシステムとして利用できる。

【良い点】
・無料。もっとも、Windowsのインストールメディアと有効なライセンスも必要であり、こちらは有料だ。
・Macの処理能力を最大限に使いながらWindowsを稼働できる。
・使い方も簡単。

【悪い点】
・WindowsとMacを切り替えながら使わなければならない。
・OS間のファイルのフラグメンテーション。

【結論】
Windowsをたまにしか使わない人にはBoot Campは良いが、Windowsを日常的に使う場合、OS間の行き来が負担になるかもしれない。
Scroll Right Scroll Left

Appleの「Boot Camp」

 「macOS」は、Windowsをインストールできる「Boot Camp」というユーティリティを搭載している。これを使うと、MacをmacOSとWindowsの切り替えができるデュアルブートシステムとして利用できる。

【良い点】
・無料。もっとも、Windowsのインストールメディアと有効なライセンスも必要であり、こちらは有料だ。
・Macの処理能力を最大限に使いながらWindowsを稼働できる。
・使い方も簡単。

【悪い点】
・WindowsとMacを切り替えながら使わなければならない。
・OS間のファイルのフラグメンテーション。

【結論】
Windowsをたまにしか使わない人にはBoot Campは良いが、Windowsを日常的に使う場合、OS間の行き来が負担になるかもしれない。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]