logo

ピクシブ、バイドゥ、グリー子会社の3社、バーチャルYouTuberのオーディション開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーの完全子会社でライブエンターテインメント事業を手がけるWright Flyer Live Entertainment(WFLE)は4月24日、ピクシブ、バイドゥと共同で、イラストレーターや声優などのクリエイターを支援し、未来のバーチャルYouTuberをデビューさせる「pixiv × LisPon × WFLE バーチャルYouTuber 共同オーディション」を開催すると発表した。


 オーディションでは、イラストSNS「pixiv」で5体のキャラクターを選出するためのキャラデザインオーディション「pixiv 発!バーチャルYouTuber キャラデザインオーディション」を実施。開催期間は、4月24日~5月15日23時59分。受賞発表は5月下旬の予定だ。

 キャラクター決定後には、バイドゥが運営するボイスアプリ「LisPon」にて、バーチャルYouTuberの“中の人”を選出するためのオーディション「LisPon 発!バーチャルYouTuber 声優オーディション」を実施。開催期間は、5月29日~6月12日で、最終発表は6月下旬を予定している。その後、バーチャルYouTuberとして発信するための企画・運営・配信やマネジメントはWFLFが担当。今夏にデビューを予定する。

 バーチャルYouTuberとは、声優やタレント、⼀般クリエイターなどがモーションキャプチャー技術を使って3Dアバターの「中の人」として動画配信するもの。キズナアイなど人気のバーチャルYouTuberも誕生しており、2018年1月にはYouTuberチャンネル登録増加数ランキング上位10人のうち半数がバーチャルYouTuberになるなど、国内外で人気が急上昇している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]