logo

UAEで2020年に「Hyperloop」の商用路線を運用へ--フランスでは試験路線を建設開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hyperloop Transportation Technologies(HyperloopTT)は、アラブ首長国連邦(UAE)で新高速交通システム「Hyperloop」の商用路線建設に向け、アブダビの不動産デベロッパーAldar Propertiesと提携した。また、フランスのトゥールーズでは、乗客と貨物を輸送可能な実物大の試験路線を建設開始した。


商用路線の建設に向け不動産デベロッパーAldar Propertiesと提携(出典:HyperloopTT)

 UAEに建設するのは、UAEのアブダビとドバイを結ぶ長さ10kmの商用路線。ドバイでは2020年から2021年にかけ「ドバイ国際博覧会(Expo 2020 Dubai)」が開催される予定で、この路線は博覧会会場とアールマクトゥーム国際空港の近くに位置している。博覧会に合わせて運行開始する計画。

 HyperloopTTは、この10kmの路線を皮切りに、UAEの各地やサウジアラビアのリヤドなどにも商用Hyperloopネットワークを広げたいとしている。

UAEで商用路線を建設へ(出典:HyperloopTT/YouTube)

 また、トゥールーズで建設を始めた試験路線は長さ320mで、2018年中に走行開始予定。チューブの内径は4mあり、乗客を乗せたカプセルや貨物用コンテナを走行させられる。さらに、長さ1km、直径5.8mの高架式試験路線も2019年に完成させるとしている。


実物大の試験路線用チューブ(出典:HyperloopTT)
トゥールーズで建設が始まった試験路線(出典:HyperloopTT/YouTube)

 なお、HyperloopTTは米国インドでもHyperloop路線の実現に向けて調査などを実施している。

 米ZDNetの報道によると、HyperloopTTのほかにもHyperloopに取り組んでいる企業が存在し、例えばVirginグループのHyperloop Oneはネバダ州ラスベガスに設けた長さ500m、直径3.3mの試験路線「DevLoop」で走行試験を成功させた。また、Hyperloopの考案者であるElon Musk氏も自身のロケット企業SpaceXを通じ、カリフォルニア州ホーソーンに長さ約1マイル(約1.6km)、外径6フィート(約1.8m)の試験路線を建設したという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]