logo

シカゴとクリーブランドの500kmを28分で結ぶ「Hyperloop」路線--調査開始へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しい高速交通システム「Hyperloop」の実現を目指す企業の1つであるHyperloop Transportation Technologies(HyperloopTT:HTT)は、イリノイ州シカゴからオハイオ州クリーブランドに長さ313マイル(約504km)のHyperloop路線を建設する目的で、実現可能かどうかの調査を始めると発表した。


シカゴとクリーブランドの約504kmを28分で結ぶ(出典:HTT)

 この路線が完成すれば、シカゴとクリーブランドのあいだが28分で結ばれる。ちなみに、その場合の平均速度は時速730マイル(時速約1175km)に達する。


Hyperloopのイメージ(出典:HTT)

 調査を開始するため、HTTはオハイオ州のNortheast Ohio Areawide Coordinating Agency(NOACA)およびイリノイ州のIllinois' Department of Transportation(IDOT)との覚書に調印した。HTTの最高経営責任者(CEO)Dirk Ahlborn氏は、「Hyperloopを建設するにあたり、法規制が大きく立ちふさがっている」と述べ、今回の合意が米国でのHyperloop実現につながると期待している。

 米CNETの報道によると、この調査は早ければ2018年3月初めにスタートし、6カ月から12カ月かけて実施されるという。そして、NOACAが60万ドル(約6401万4000円)の調査資金を出資する。

 さらに米CNETは、HTTとは別にHyperloop Oneも、シカゴからオハイオ州コロンバスを経由してペンシルベニア州ピッツバーグまでを結ぶ路線の実現に向けた取り組みを進めていると報じた。

 Hyperloop Oneは、米国のほか、インドや英国、メキシコ、カナダでもHyperloop路線を検討中だ。ちなみに、HTTもHyperloopの建設計画をインドで進めている。


Hyperloop Oneも世界各地で路線を検討中(出典:Hyperloop One)

HTTがインドで計画中の路線(出典:HTT)
HTTによるHyperloop路線の紹介ビデオ(出典:HTT)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]