logo

ウェブ接客ツール「KARTE」がアプリの行動解析に対応--ZOZOやクックパッドが導入

藤井涼 (編集部) 飯塚 直2018年03月19日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブ接客プラットフォーム「KARTE」を提供するプレイドは3月19日、スマートフォンアプリ(iOS/Android)向けに「KARTE for App」の提供を開始すると発表した。


「KARTE for App」

 KARTEは、サイトに来訪したユーザーの特徴や行動をリアルタイムに解析し、個々の利用者にあわせたコミュニケーションを実現するサービス。メールやLINE、SMSやブラウザ通知など、サイト外にいる利用者へのアクションにも対応する。これまで約3年間で累計22億人のユニークユーザーを解析してきたという。

 新たに提供するKARTE for Appでは、アプリを利用する顧客の行動をダッシュボードやスコアなどの機能でリアルタイムに解析し、プッシュ通知やアプリ内メッセージを配信できるようになるという。また、メッセージを配信する際のテンプレートもHTML/CSSで自由にカスタマイズでき、ユーザーごとに最適化したメッセージを、企業やブランドの世界観に合わせて配信できるとのこと。


 KARTE for Appは、KARTEを導入しているクライアント企業や、マーケターの強い要望を受けて開発した。企業は同サービスを導入することで、これまでのウェブサイトにアプリを含めた横断データで顧客の体験を把握し、顧客ごとに最適化した体験をワンストップで提供できるようになるとしている。

 なお、KARTEの既存クライアントを中心にKARTE for Appのクローズドベータ版を3月から提供しており、ファッション通販の「ZOZOTOWN」や料理レシピサイトの「クックパッド」などが導入を決定しているという。


KARTE for Appの導入企業

-PR-企画特集